Pierre Mantoux

Brand Story

Pierre Mantoux

トレンドを常に発信し続けるミラノの老舗レッグウェアブランドピエールマントゥー

ピエールマントゥーは、1932年ジャングロッシ家がミラノに創業した、80年の歴史があるイタリアの最高級レッグウェアブランド。
毎シーズン、パリ・ミラノコレクションの有名メゾンのレッグウェアを手掛け、そのファッション性と品質の高さはヨーロッパ王族や各界のセレブリティをはじめ、世界中の女性から広く愛されています。

写真:Giangrossiファミリー
左から、次女でデザイナーのCostanza、三女のLaurenzia、 社長でデザイナーも務めるPatrizia、長女でマーケティング担当のChiara

ピエールマントゥー社の歴史

1932
イタリア・ミラノのジャングロッシ家が「女性の足を優しく包み込み、世界中で一番優雅で美しく、魅力的な足もとを演出する」というポリシーのもと卸売販売を中心としてビジネスをスタート。
当初より品質に強いこだわりをもち、上質で洗練された素材を惜しみなく使用し高い評価を得る。
また戦後いち早く高性能機械を導入し、高品質シームレス・ストッキングの大規模な生産を可能にした。
1960
完璧な美しさへの探求心が秀逸な製品を続々と誕生させ、Pierre Mantouxブランドが確立。
1970
繊細で透明感あふれるナイロン100%のTOP15と名付けられた56色ものカラーストッキングを発表。
1980
1982年には年間の最高売上を誇る”スカラレース”が誕生し、大ヒット商品となる。この成功から世界中にその名声が伝えられ、ロンドン、パリ、日本、アメリカ等での展開が始まった。
現在もなお親交が深い ARMANI、CHANEL、Christian Lacroix、Dolce & Gabbana、Ferragamo、ALBERTA FERRETTI といったミラノ、パリの著名なメゾンがこぞってPierre Mantoux社のストッキングをランウェイで取り上げ、その共同制作により培った、高度な技術とファッション性でさらに発展を遂げる。
80年代には多くの企業がこのビジネスに参入したが、1984年にダイアナ妃がPierre Mantoux社製のストッキングを愛用していることがニューヨークタイムズ誌で紹介され、最も名誉ある証明がなされた。
2000
アメリカ市場の拡大を図るべく、エンパイアステートビルの一角にショールームを設けた。
2008
ミラノ・ソルフェリーノ通りに直営ブティックをOPENし、世界中の女性達にトレンドを発信し続けている。
2012
ピエールマントゥー創業80周年を迎える。

ピエールマントゥー ミラノブティック
( Via Solferino 12, Milano )

典型的なイタリアのファミリー企業であるPierre Mantoux社が何よりも大切にしてきた事は、信頼と尊敬、そして威信を持つ事。売れる事が全てではない。常に新しいものにチャレンジする気持ちと、ファッションを創り出すという試み、この二つがなければ現在の成功はなかったであろう。
常に新たな技術とファッションを追求し続ける姿勢は今後も変わることはない。オートクチュールの持つ伝統と最高の技術を現代の感覚で表現、創作することが今後ますます重要であると考えている。常に美しくありたいというファンタジーと、その品質を求め続ける人々の願いを裏切る事は、決してないであろう。